文春砲ならぬ愛媛砲、弾ける!!

愛媛県から提出された文書、もはや安倍総理の答弁が全て嘘だったことを裏付けるもの。

それでも加計学園共に、当時会った事実がないとの素早い対応。

すべては加計ありきからスタートしたゴールに嘘を上塗りしていたことは明らかですが、もういい加減にしてほしいもの。

この際、潔く辞任されたらと思いますが、文書の改ざんや隠蔽・解釈の違いなどと云って何もなかったようにスルーされるのではと考えると、この国の政治、いったい誰のものなのと思わざるを得ません。

それにつけ愛媛県知事、とても立派に映るのは私だけでないはず。

そういえば新潟県知事選、これも国の思惑がうっすら見え隠れ。

柏崎刈羽原発を稼働したい国と自民党、しかし争点にはしたくない、それでも野党は大きな争点と今回もオール野党の候補者で対抗。

この国の内閣はアメリカと経団連の言いなりなのかしら。

ところでアベノミクスの果実、この町までは来ておりませんが何処へ行ったのでしょうか。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。