五泉市議会、百条委員会の行方!!

先月末、五泉市広報と一緒に届けられた「五泉市議会だより」に百条委員会の途中経過が載っておりました。

五泉市の皆さまはご一読なさった方もおられると思いますが、私の感想を言わせていただければ魔女狩り、またはある議員に向けてのネガティブキャンペーンのようなもの。

「紅葉マラソン」における補助金、それをあたかも不正に乱用し飲食代に充てていたという筋書きで構成された稚拙な作文なのですが、決算報告書の数字のデータすら載っておらず、あたかも五泉市の税金ですべて賄った事業のような錯覚を、何も知らない市民に植え付けようとしているようでフェアではありません。

昨年暮れに新聞折込で配布した「五泉紅葉マラソン」のチラシでは、市からの補助金はマラソン計測費用に充てられていると訴えているにもかかわらず、計測費用の金額と補助金の金額の差異もなく、ましてはどれだけの収入によって運営されている大会であったかの事実を公表せず、ひたすら市の補助金の不正使用の一点で、あとは重箱の隅をつつくように名義貸しだの文書偽造だのと騒ぎ立てています。

またマラソン大会代表経営の居酒屋での支出が多いことも疑義に一層拍車をかけている様相で、今回は途中経過とのこと。

今回の百条委員会、「紅葉マラソン」は市の事業ではありませんし市の補助金も大会経費の一部、そんなことから市会議員の方は落としどころを探っているようにも見えます。

たとえばグラフにして大会の収入における市の補助金はこのくらいとか(実際どれくらい補助されたのかは知りませんが)。

で、大会収支における市の補助金を使った部分はこちらですなど説明文を付ければ疑義も晴れるというもの、しかしそれでは百条委員会を立ち上げた市議会、不正という名目でまた一人市議を排除する目的を達成出来ず、何は何でも税金泥棒というイメージを植え付けたいのかもしれませんが。

私は大会の事業の収支に関しては何も知りませんが、市の補助は経費のこの部分のみに使いましたと考えますが、五泉の百条委員会、おそらく公開されておらず、どんな議論がされているのかも知らずにおり五泉市の議会は未だ閉鎖的です。

百条委員会の名のもとにイベント収支を丸裸にして、いわば土足で人の家の家計簿をのぞき見とあまり気持ちのいいものではありません。

ずさんな経理といわれていますが今まで何年もやってきたマラソン大会です、これで終いなんて寂しくもあり市外県外のマラソンファンからは五泉市笑われてしまいます。

早急に決着をつけていただきたいものですがネガティブキャンペーンを続けたい市議会、とにもかくにも五泉市百条委員会、まだまだ続くのでした。

さて、この調査のためにどれほどの税金、市の予算が使われてるのでしょうか、調査経費のための決議とありますが、それについては「議会だより」、一言も触れずじまい。

あくまでも百条委員会の正当性を示したいならば、数字やデータ、あるいはビジュアルで分かるように示していただきたいものです。

五泉の一市民として、私はそう考えます。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。