五泉市、何故『桜』?

昨日の新潟日報に五泉市のこんな記事。

3月31日新潟日報記事 (2)

村松公園の桜を原料にハンドクリームや芳香水、食品の原材料にするとか。

これから始まる桜に合わせての報道でしょうが、五泉イコール桜というイメージはなく、なぜ「桜」で事業をする意味が分からない。

まして国からの支援予算を使ってまでするのか、五泉には里芋やレンコンといった特産があり、その6次産業化の工房をつくるのなら分かるけど、何故?

ちなみに私などは里芋などの乾燥粉末の加工工場を熱望して行政に訴えておりましたが、またまた肩透かし。

そしてなぜ観光協会がこうした役割を担っているのか、ますます疑問。

相変わらず五泉は何処に向かっていくのかわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。