菅退陣!

コロナ禍、国民の命を守ることなく、権力にしがみつくも支援もなく、結局は菅退陣。

権力者の末路にしてはあまりにも悲惨な結末。

何を残したのか、何をしたかったのか、あまりにも対話も説明も欠けた政権で、コロナの前に散ってしまいました。

次期総裁選を前に早くも自民党の権力闘争。

ワクチン一択のコロナ対策ではコロナの収束など期待も出来ず、この感染化のなかオリパラとやることなすこと後手と裏目。

そんな自民党のお家騒動に衆議院選を前に電波ジャックされては公平な報道とは言えず、政権交代に期待するも悲しいかな自民党有利に物事が進められていく気配。

安倍菅政権の総括をヤル気があるのか、きちんと見定めないとコロナ禍の収束も中抜きの金権体質も変わりません。

自助など口にする政治よりも国民に寄り添った政治を望みます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。