福沢諭吉は学問のすすめ、日の出食堂的には食堂のすすめ(多分その1)

先日の火曜日のこと。

さすがに普段は定休日での営業なので来店されるお客様も少なく、少しばかり寂しい一日でありました。

それでも常連さんやお子様連れの若いお客様がいらしたりと有り難い一日でもありました。

そんな日のランチタイム、常連さんに連れられた初めてのお客さまとの二人連れ。

その常連さんはいつもの「さといも麺のクリームパスタ」を注文、そして一見さんは「しょうが焼き定食」。

一見(いちげん)さん、当店に初めていらしたものですから、薄切り肉とは違うポークソテーのしょうが焼きと定食の小皿の数にビックリ。

しょうが焼き定食

そして常連さんの食べている「さといも麺」で作られたパスタにまたビックリ。

日の出食堂 ベーコンとほうれん草のクリームさといも麺 (800x600)

食堂というとラーメンやかつ丼ぐらいしか置いてないだろうという先入観、その先を超えていったパスタ屋さんのような「さといも麺」でつくられたパスタに興味津々の様子。

「次はパスタ食べてみるわ」と次回の来店をお約束。

ラーメン専門店とは違い、麺だけではなくご飯ものや定食類、そして洋風なメニューまでもそろっているのが大衆食堂の良さ。

日の出食堂昭和町中華メニュー2

この写真は40年も前の当店のお品書き、かつ丼が400円、その当時からハヤシライスなど洋食メニューも提供していた日の出食堂の歴史。

最近は牛丼屋さんなど全国的なチェーン店までもが五泉にはあり、ましてやコンビニやハンバーガー店に弁当屋さんとほぼ全国で同じメニューが提供されていることを思うと地域の根強く残っている大衆食堂はもっともっと個性的でいいのかもしれません。

しかしなかなか五泉市の食堂、それほど対外的にウチはこれやってるぞって元気もないのも事実。

大衆食堂、五泉市はもとより新潟県内、最近はラーメン専門店に押され気味でどの土地でも来店のお客様が減っているのが現状ですが、まだまだ頑張らねば。

そんなこんなで大衆食堂の灯を絶やすまいと思い感じた一日でありました。

五泉の食堂、いやいや、全国の大衆食堂の皆さま、頑張りましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。