ワクチン接種?五泉の場合!

五泉市でも高齢者のワクチン接種が始まりました。

75歳以上の高齢者から順番にと予約が始まり、予約順に接種出来るものと思っておりましたが、何とワクチンの数の少ないこと少ないこと。

五泉市内には約9,700人の75以上の高齢者がおり、予約券を郵送したものの五泉市に到着したワクチンは1/10の960人分。

これでは予約するにも早めに連絡したものばかりが接種出来る、早い者勝ちの状態。

行政としては先日の広報でキャンセル待ちの案内を載せておりました。

密を避けるために会場の外に箱を置き、住所氏名電話番号を書いて投函してとの、何ともアナログなやり取り。

たとえ一回目の接種が終えても、3週間経った後、二回目の接種が出来るのか疑問です。

もちろんこんなスケジュールでは私の番がいつやって来るのか、何とも云えません。

全国おそらく同じような状況だとすれば、この先のオリンピックなど開催すること自体無理なのでは。

テレビなどでは危機感を煽ることなく、お笑い番組ばかりでコロナ禍とは思えないほど。

ワクチンも間に合わずに緊急事態宣言も一部の地域だけで、禁酒令を避けるように近隣の都市へお出かけ。

昨年と違い、人流も抑えられずに感染拡大は避けられないのでは。

大都市と違い、ここ五泉市のような高齢者が多い地域ほど律儀にステイホームをして自愛している傾向に見えます。

先が見えないコロナ禍、皆さま、ゴールデンウィークですがご自愛くださいませ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。