FMサテライトスタジオと、まちの駅

五泉の情報を発信するFM新潟の火曜12:00からの番組「はーとふる五泉からふるラジオ」。

この番組をお伝えしている、五泉市本町のサテライトスタジオ。

実は、このスタジオは、五泉初の「まちの駅」でもあります。

7月24日に「まちの駅」としてオープンしました。

商店街の空き店舗を活用、商店街の活性化を図る地域交流施設として、バス待ちの休憩所としても、会議等が出来る小スペースとしても活用できるそうです。

また、店内には五泉の観光案内等の各種パンフレットなどが用意されて、観光のPR案内などを行うとのこと。

開館時間は、AM10:00からPM4:00。休館日は、毎月28日と年末年始。

詳しいお問い合わせは、五泉市の商工観光課(tel 43-3911)まで。

さて、五泉の情報を発信するFM新潟火曜12:00の「はーとふる五泉からふるラジオ」、先週より五泉食堂組合とのコラボ企画を始めています。

番組でキーワードを聞いて、『さといも麺』提供店舗へ行って、『さといも麺』を食事していただくと、100円引きのサービスになるという企画です。

ぜひ、「はーから」を聞いて、五泉の『さといも麺』提供店舗へ。

夏の暑さが厳しくなっています。冷たい『さといも麺』をどうぞ。

 

夏には夏の、『さといも麺』 (冨士屋食堂さんの場合)

さて、週末の土曜日。

市外よりのお客様が、『さといも麺』を食べてみようと、当店へいらっしゃいました。

精算の際、お気に召しましたかとの問いに、満足された様子で、とても嬉しかったです。

さて、当店だけでなく、他の五泉の食堂の皆さんも頑張っています。

今回は、五泉駅降りて、すぐの冨士屋食堂さんの夏のさといも麺の新作のご紹介。

その名も、「冷しスタミナさといも麺」。

さといも麺の冷しスタミナ麺

冨士屋食堂さんでは、例年、この時期になると、「冷しスタミナうどん」を夏メニューとして展開していますが、今年は『さといも麺』にても提供。

冷したさといも麺と焼肉を一枚の皿に盛りこんでいます。

肉食系で満腹感を味わいたい方には、ぜひお勧めしたい一品です。

冨士屋食堂さんのアクセスはこちらから。

また、当店、日の出食堂とも近いお店で、共に駅前商店街を元気づけようと頑張っている仲間です。

五泉市駅前にお越しの際には、当店共々、冨士屋食堂さんもよろしく。

また、冨士屋食堂さんでは、五泉名産の「レンコン」をつかった、れんこんハンバーグは人気の一品です。ぜひご賞味あれ。

食堂組合皆様のおかげです(わたしごとですが、紹介記事の御礼)。

今回は、自分自身の載った記事についてのお話です。

去る7月24日の毎日新聞新潟地域版に、私の記事が載りました。

このブログで紹介するのは、自分のことだけに恥ずかしく、どうしようかと思いましたが、せっかく読んで下さる方もいらっしゃるので、ここにお知らせいたします。

というのも、先週の豪雨、全国放送のニュースで、五泉でも被害がありましたとの報道。

私の母は、栃木県の那須出身で、栃木からも大丈夫かいとの電話。

また、親戚が関東の方にもいて、皆心配してくれていました。

ここ五泉市駅前は、何も被害がなかったのですが、心配してくれて、ありがとうの気持ちがいっぱいです。

そして、そのうちの何人かは、このブログの存在も知っていて、私のやっている『さといも麺』などの活動も知っていました。

市内の友人でも、ブログの存在に気づかないのに、新潟県外の知り合いが、こうしてネットのブログを見つけて、情報を共有しているとは不思議な感じです。

そんなわけで、自分自身のことを載せている記事などは、あまりここでも話題にしなかったのですが、遠く離れた親せきや兄弟、友人に向けて、私は頑張っていますよと伝えたいと思います。

昨年より提供している、五泉食堂組合で立ち上げた、五泉の町おこし、ご当地グルメ『さといも麺』。

私は、その『さといも麺』を積極的にリードして、ここまで来ました。

しかし、この『さといも麺』、私一人で作ったものではなく、五泉食堂組合の皆が私の考えに賛同して、協力してもらい出来上がった、五泉食堂組合みんなの宝物です。

だからこそ、このブログでは、『さといも麺』を協力してくれた仲間たちのことをPRしていきたいと話題にしています。

ある意味、五泉食堂組合みんなへの恩返しと五泉の町が、もっともっと広くいろんな人たちに分かっていただければ、この町の活性化につながると信じてのことです。

今回だけは、私の知人にネットで見られる私の記事を、ここで、ご紹介します。

まずは、最初に紹介した毎日新聞の記事について。

新聞では、写真も載っていたのですが、ネットでは文章だけです。

記事はこちら、「にいがた人模様」をご覧ください。

そして、前にも紹介した新潟県内のことがためになるサイト、「Niiget」にも、私のことが載っています。

新潟で夢にチャレンジ」のコーナーの第48話を読んで下さい。

また、五泉グルメ館という五泉フードブランドのHPのサイトでも、五泉食堂組合企画部としての活動が載っています。

こちらをご覧ください。

さといも麺開発奮闘記

自分自身のことを紹介する記事について、私がここで記すなんてことは赤面ものですが、遠くの空の下にいる知人がネットを検索したりして、すぐ隣にいるような情報が共有できるのも、今の時代ならではのことです。

栃木、埼玉、東京に住む親せき、兄弟、友人のみんな、私は元気に、前向きに生きてますよ。応援してくれて、ありがとうです。

夏には夏の、『さといも麺』(三日月食堂さん、その2)

このブログでもおなじみの、三日月食堂さんの、夏向き『さといも麺』の新作です。

その名も、『すいとろ』。

山芋をおろして、出し汁と合わせた“汁”に、さといも麺をつけて食すというスタイル。

写真では、冷たくした、さといも麺の上に、えび・オクラ・海苔・ワサビが載っています。

和風テイストのさといも麺。

8月から提供しているとのことです。

三日月食堂吸いとろ

三日月食堂さんのアクセスはこちら。

五泉食堂組合『さといも麺』提供店舗では、夏向きに冷たい麺を提供中です。

『さといも麺』をまだ召し上がっていないという方、ぜひぜひ五泉へ。

現在のところ、五泉市内だけで提供中。

週末は、いざ五泉へ。

『さといも麺』提供、どさん娘さん。これにて16店舗で食べれます。

この夏より、五泉食堂組合加盟店の「どさん娘」さんでも『さといも麺』を提供します。

提供メニューは「さといも麺のざる中華」。

画像のデータが手元に届いておりませんので、とりあえずはご報告まで。

どさん娘さんは、五泉で暮らしている人なら知っていると思いますが、深夜営業している飲食店。

飲み会の帰り道、ラーメンが食べたいと思ったら、迷わず一杯、というのが、五泉の昔からのスタイルです。

最近では、深夜ながくまで開いているお店も増えましたので、飲み会後の選択肢も多様ですが、こちらのどさん娘さんは、昔から五泉の夜の胃袋を満たしています。

営業時間は、19:00から26:00、不定休です。

営業時間は、あくまで目安。26時前に終わってしまうこともあれば、もっと遅くまで営業していることもあるとのこと。

そんな深夜に、『さといも麺』が食べられることになりました。

どさん娘さんに感謝です。

これで、1店舗増え、16店舗にて提供されることになった『さといも麺』。

五泉の皆様も、五泉市以外の皆様も、どうぞお召し上がり下さいませ。

どさん娘さんのアクセスはこちらをご覧ください。