ゴールデンウィークは休みません!

本日は天皇誕生日もとい昭和の日。

昭和生まれには天皇誕生日からのアップデートがされておらず恥ずかしいかぎり。

さて、本日よりゴールデンウィーク。

常連さんのなかでは今日から5連休という方もおり、コロナ禍から平常への移行が進んでいるようです。

テレビの朝の番組では民族大移動が始まっているようで、高速道は渋滞。

各地の行楽地は賑わいを取り戻すのか、ゴールデンウィーク後に注目です。

そんなゴールデンウィーク、当店休まず営業しています。

連休初日、ランチタイムは曇りから雨と夜は雨。

残念ながら天候も悪く、いつものGWより賑わいはいまひとつ。

それでも市外からのお客さまも多く、やはり休みの恩恵はあるようで長い連休に期待がもてます。

そういえば「さといも麺」の夏メニュー、本日より人気の「夏野菜」解禁しました。

黒板に書くより早く、来店された常連の「巻のお姉さん」がいち早く注文されて私としては嬉しいかぎり。

毎年このメニューを楽しみにしてくれているお客さまなので味に違いがなかったかと感想を聞き、大丈夫とのことで一安心。

春が駆け足で過ぎていき、気温的には初夏のようなこの頃。

早め早めに夏メニューへと変えていかないと、お客さまに置いていかれそうです。

そんなゴールデンウィーク、休まず営業しております、五泉にお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

週末は五泉市へ、チューリップ満開!

五泉市花シリーズのチューリップ、綺麗に咲き誇り、今週末は見頃。

今週末を過ぎると球根を肥大させるため花を摘むらしく、来週には花が少なくなるかもしれません。

出来れば今週末、五泉にお越しいただければ満開のチューリップがお出迎え。

天気にも恵まれそうで、絶好のフォトスポットになると思います。

それにしてもあと一週間でゴールデンウィーク、それまで「チューリップまつり」を延期出来ないものかと思うともったいない。

交流人口を増やすと当選した新市長でありますが、桜もチューリップの会場も飲食のブースもなく、温暖化の影響からか開催期間の短いこと。

桜もチューリップも各地で見頃時期にはイベントを行うなど観覧者を呼び込もうとあの手この手。

まだまだコロナ禍ですが、変わらず五泉市は「花」さえあれば良いだろうという感じで、交流人口を増やしたいのか首を傾げるばかりです。

当店としては飲食ブースで「さといも麺」を提供したい気持ちがあるのですが、残念ながらコロナ禍、お呼びもなく、じっと店舗で待つばかり。

五泉のチューリップにお越しの際には町なかへもお越し下さいませ。

当店、週末も営業中です。

さといも麺の「酒粕ラーメン」はいかがでしょう!

コロナ感染者が下げ止まらない新潟県。

一昨日907人、昨日は814人、そして今日は772人。

今日は先週の同じ曜日より少ないと報道されていますが、五泉市では本日19人と二桁が続いています。

これでは高齢者の多い五泉市、春の賑わいには縁遠く昼も夜も町は静かなもの。

先週末に満開になった桜も昨日からの雨と風で、あっという間に花が散ってしまい、一週間持たず、正に「花の命は短くて」の様相です。

明日からの週末、桜を愛でに来る方がいるのか心配なところですが、次の五泉市はチューリップが控えているところ。

天気に恵まれれば是非とも五泉に入らしてほしいものです。

さて、冬メニューから春メニューへの端境期、好評だった「カキフライ」は今週末までで終了となります。

また「さといも麺」の人気メニュー「けんちん」も終了して少しづつ春のさといも麺へと移行。

先ずは第一弾として「酒粕ラーメン」を販売します。

一昨年、雑誌のコラボとして提供して好評だったものをリニューアルしました。

五泉の酒蔵の酒粕を使い、野菜の味わいがより美味しく感じられる優しい味に仕上げました。

味噌のような色ですが味のベースは醤油、酒粕が味に深みを与える一品です。

さといも麺のもちっとした食感にベストマッチ、是非ともお召し上がりくださいませ。

朝ドラ「カムカム」大団円!

ほぼテレビを観ない私ですが、毎朝楽しみに観ていたのがNHKの朝ドラ「カムカムエヴリィバディ」。

本日最終回、昨日一昨日と最終回を待たずに涙腺が崩壊するほどの感動をもらい、今日は今までの伏線も見事に回収されてスッキリと見終わりました。

何よりも最終回、観ていて幸せになるくらいのハッピーエンドで幕を閉じました。

暗いこのご時世、一服の清涼剤のようなドラマ。

さて来週は新しい朝ドラを観ようか、思案中。

それにしても時代劇、朝ドラの中くらいとは寂しいこと、何処かで始まらないかしらん。

コロナ新規感染者882人とこの国のプロパガンダ!

昨日6日、新潟県では新規コロナ感染者が882人と過去最多。

さぞや今朝の新聞では一面に取り上げられるのではと思っておりましたが、ウクライナ情勢。

やはり今は戦争の話題がトップなことは仕方ないのかも知れません。

残虐なロシアの行為が世界中から非難されていますもの。

しかし、その情報は全て西側から。

かつてのイラク戦争を思い出せば一方的な情報は危ういもの、そんな経験を忘れたように世界が右向け右、中立な報道を求めたいものです。

そんなことを思いながらも今朝の新聞、一面の左下には、Goto事業ならぬ「ワクチン」による推進事業「イベントワクワク割」とは。

ワクチン3回接種を対象にイベントの割引をするという政策。

この国のコロナ対策は3年経ってもワクチン頼みで、空港検疫すら未だにPCR検査もしない緩さ。

海外から来日も緩和され、第6波が収束するどころか再び拡大中と怖い世の中です。

この国は収束どころか「経済が回せ」と経団連の言いなりで、国民は置いてけぼり。

正にこの国のプロパガンダ、戦争でコロナをなきものに、一部の資本家に富を還元することばかり。

で、今朝の新潟日報、県内のコロナ情報は裏面を開いたところにあり、その記事の隣には景気の低迷記事。

コロナ禍で消費活動が落ち込みが記されています。

円安を推し進めたアベノミクスの検証もなく、今後も物価が上がるであろうこと、コロナを含め国民の生活を一番に政治に求めたいものです。